オゾンバスターの口コミ・評判と最安値を調査!
オゾン水生成器の決定版!

↓詳細はこちら


オゾンバスターの口コミ・評判と最安値!競合品と徹底比較!

オゾンバスターとは?

オゾン水が除菌・洗浄に優れた効力を発揮するのは知られたところですよね。

塩素での除菌よりも安全面が優れていて、ニオイが残らないこともあって一般家庭でもオゾン水を活用する人が増えています。

こどものオモチャ、野菜、衣類等の洗浄や、お風呂の水や洗顔への利用等、オゾン水が活躍する場面は家庭内にたくさんあります。

でも、従来のオゾン水生成器の導入にはいくつかのネックがありました

まずは価格です。

家庭用でも10万円前後もするような商品が多く販売されています。

それから大きさ、重さ、使い勝手の悪さ、メンテナンスや消耗品交換の面倒くささ…。

蛇口に取り付けるタイプだとジャマになるしカートリッジの交換が必要になります。
また、壁面取り付けタイプだと取り付けや配管の工事が必要になります。賃貸物件だとそこまでするのは気が引けますよね。

気軽につかえてジャマにならずコンパクト、メンテンスフリーでしかもリーズナブル。

除菌フリークにはそんなオゾン水生成器を探し求めていた方も多いのではないでしょうか。

そんな除菌フリークの願いを叶えてくれるのがこのオゾンバスターです。

オゾンバスターは上に挙げたすべての問題点を克服しているオゾン水生成器です。

ハッキリいって、これほどオススメできるオゾン水生成器はほかにないですよ。

オゾンバスターを使えばあっというまに濃度の高いオゾン水を生成してくれます。

難しい操作は一切必要ないです。

手軽にオゾン水を生成できるため、除菌・洗浄が一気にはかどります。

オゾンバスターは簡単・スピーディ・高濃度・リーズナブル」の四拍子が揃ったオゾン生成器の決定版です。

公式ページで詳細を見てみる

オゾンバスターの製造・販売メーカーは?

オゾンバスターは「アースウォーカートレーディング株式会社」というオゾン関連製品の老舗が製造と販売を行っています。

ちなみにネットショップは「オゾンマート」という名称での運営になっています。

オゾン関連商品のインターネット販売といえばオゾンマートといえるほどの老舗です。

オゾン水生成器といえば、昔は資本力の高い企業だけが導入できるとても高価な機器でした。

そんな業界の革命児として登場したのがオゾンマートです。

なんとオゾンマートは業界で初めてインターネット直販を始めたのです。

できる限り安価にユーザーにオゾン水生成器を届けたい、という情熱からのことです。

現在でも代理店に卸すこともなく、営業マンも使っていません。

できる限り中間にかかるコストを抑えることでびっくりするほどの低価格を実現しているんですね。

さて、実はオゾンバスターには3つの種類があります。

今回紹介している家庭向けのオゾンバスター

オゾンバスターの大容量版のオゾンバスターPRO

そして業務用・産業用としての使用を想定したオゾンバスターインダストリーです。

大容量版や業務用がラインナップされていることが、まさにオゾンバスターの信頼の証です。

この3つの製品は、生成されるオゾン水の量と速度が異なるだけで、濃度やクオリティは同一です。

つまり、言い換えれば業務用として使えるようなレベルのオゾン水を家庭でも使って除菌・洗浄ができるというわけですね。

公式ページで詳細を見てみる

オゾンバスターの口コミ・評判を調査!

オゾンバスターシリーズは家庭用から業務用途まで幅広く使用されています。

上にも少しあげましたが、もう一度例をあげますと、

家庭では、ペット用品、キッチン用品、こどものオモチャ、野菜の農薬の除菌、お風呂や顔を洗う水のオゾン水化、etc…

業務用では、歯科・内科等の医療施設、介護施設、飲食店、ペット関連事業、クリーニング事業、自動車関連事業、etc…

このように本当に色々な現場で使用され、オゾンバスターはその信頼を勝ち得ています。

以下はオゾンバスターの口コミです。(下線は当サイトによるものです)

まず、オゾン水生成器の購入を検討した理由は、洗濯物の臭いからでした。

洗剤を使ってあらったにもかかわらず、乾いた洗濯物がくさい・・・そんなきっかけで、ネットで調べていくうちにオゾン水がよいという情報を目にしたからでした。

(我が家では、洗濯物については、一緒に購入したオゾンクルーラーが活躍してくれています。)

さらに、オゾン水の利用法を調べていくと、野菜を洗うのにも活用できるとのこと。

前から皮ごとたべる野菜や果物を水洗いだけで、口にしていることに不安を感じていました。

これは良いと購入を決めました。

なぜ、各社がいろんなオゾン水の発生器を販売しているのにオゾンバスターを選んだかというと、他社に比べお値段が安いということと、あと、購入を検討しているときに、オゾンマートさんへ問い合わせのメールをしたときに、とても対応がよかったからです。

小さな質問にも、丁寧に回答くださったことで、不安が解消ができオゾンバスターの購入をきめました。

オゾンバスターの良いところは、コンパクトと取扱いが簡単なこと。

我が家では、調味料の横にちょこんと置けています。

これが、大きな機械だったら、出すのが億劫になり購入しても使わなくなると思います。

適当な大きさのボールに水をはって、オゾンバスターを中にいれてスイッチをいれるだけです。

見た目にも、小さな気泡がでてきて、オゾンのにおいも少しするので、目で見て、オゾン水がきちんと作られているという安心感があります。

時間も2~3分つけておけばよいとのことで、時間もかかりません。

主な利用方法は、野菜の洗浄です。

我が家では、ほとんどの野菜をまずオゾン水につけて洗います。

オゾン水につけた後に、水洗いの必要もなく、つかったオゾン水はそのまま排水口に流すだけで排水口の洗浄もしてくれています。

もやしなど、買ってきたあとオゾン水につけてから 冷蔵庫に保管するともやしが茶色く変色しにくくなりました。

あとは、お魚です。魚の切り身を調理まえにオゾン水で洗ったところ、生臭さがなくなりました。

まだ使い始めたばかりで、お手入れはしていませんが、説明書のお手入れ方法はとても簡単です。

私にとっては、買ってよかったと心から思える商品です。

引用:https://www.ozonemart.jp/af/products/ozonebuster/

宮崎で犬のトリミング・ケアサロンをしています。

前職で動物園に勤めていた時に、バックヤードや客前のフロアの臭い対策や、傷病動物の患部消毒等で使用可能ということで、オゾン生成の機械を獣医師から紹介され使用して確かに効果を実感したため、自営でも購入することにしました。
(中略)

今までは市販の消毒液等を希釈して使用しておりました。

独特の消毒臭さもできれば避けたく頻回の利用で経費も嵩むし、手荒れもしたりしてなんとかならないものかと思っていました。

また希釈して安全濃度で使用しているとはいえ、それに触れるのは動物で。

薬品的なものよりもっと安心して使えるのもの。

万が一動物が舐めても大丈夫なものはないかと思っていたところ、オゾンを思い出しネットで検索しました。

オゾンバスターは思っていたよりずっと低価格で入手できました。

その上、人体にも動物にも安心

オゾンバスターでオゾンを生成しているだけで店内の動物臭が少しずつ減少していくのを感じます。

オゾン水で店内や犬の寝室を拭きあげると、店内が無臭空間になります。

犬の歯磨きケアや子犬の体や傷病犬等の患部の清拭にも使用し、アレルギー反応等が全く出ないばかりかその無臭さに動物が全く嫌がらないという嬉しい無反応もあります。

直接肌に触れるのもですから安心・安全が一番なのです。

引用:https://www.ozonemart.jp/customer_reviews/

クリーニング屋で使用しています。

カビで悩んでいたときにオゾンバスターに出会いました。

カビが生えた洋服は、通常ドライクリーニング(水を使わず有機溶剤を使用するもの)で落とします。

しかし、表面のカビが落ちているように見えても、カビの臭いがとりきれません。

また、ウェットクリーニング(洗浄液として水を使い、洗濯物の化学的・物理的ダメージを極力抑える洗浄方法)でも臭いが残ることがあります。

そのときにオゾンを利用した消臭、除菌方法を思い出しました。

(中略)

カビは0.3~0.5ppmで99.9%の死滅率とされています。

オゾンバスターの稼働時間とオゾン水濃度に関する実測データでは、水10リットルで、水温が15℃、5分で1.87ppmになりますので、カビの除去に十分使えます。

実際に試したところ、カビ独特の臭いはなくなり、かなり満足しています。

今の段階ではサービスとして使っていますが、今後実際にオゾンバスターを導入していきたいと思っています。

また、現段階では洋服を1枚ずつ処理しているのですが、ワンランク上のオゾンバスターproで洗面器でなく洗濯機を使い、さらに短時間で処理するのが理想です。

オゾンバスターを買ってよかったなと実感しています。

引用:https://www.ozonemart.jp/customer_reviews/

以前から、除菌について、アルコールより高いレベルにできないものか模索していた所、ネットで見つけて コレだ! と思いました。

オゾンの除菌・消臭効果は以前から知っていましたが、機械が高額で場所がとられるので二の脚を踏んでいました。

オゾンバスターなら価格も安く、小型でも充分な除菌力が得られ場所もとらない為、重宝しています。

また、診療室や待合室など不特定多数の人が触れるものにも、拭きあげる時に有効です。他にも、応用できる所は今後どんどん増えていくと思います。

なんといっても水道水が原料なので、コストパフォーマンスは素晴らしいです。また、新たな応用の仕方を発見したら、報告させて頂きます。

引用:https://www.ozonemart.jp/customer_reviews/

このように、オゾンバスターには、満足の声が多数届いています。

公式ページで詳細を見てみる

オゾンバスターと他社製品を比較

ここでオゾンバスターと他社の家庭向けオゾン水生成器を比較してみましょう。

オゾンバスター競合製品D
オゾン濃度◎(最大5ppm△(最大1.5ppm)
価格◎(27800円 税別△(約67000円)
大きさ◎(直径8cmの手のひらサイズ) △(幅250×高さ300×奥行き150mm)
手軽さ◎(全体を水中に入れてスイッチオンでOK)○(付属のシャワーヘッドが便利)
蛇口をひねるとオゾン水が出るようにできるか✕(貯めた水に本体を入れてオゾン水を生成する)✕(タンクに水道水を入れて、その都度オゾン水に加工して使う)

他社製品と比較してみても、ほとんどの点で優れているといえます。

特にオゾン濃度、価格は特筆すべきものですね。

ただし、蛇口使用を想定してないことは購入前に把握すべき点です。

ですが、蛇口取り付け型製品はそうじて価格が跳ね上がったり、カートリッジ交換やメンテナンスに費用がかかります。

その点をふまえるとオゾンバスターは値段的にも賢い選択だといえます。

オゾンバスターの使い方

オゾンバスターの使い方はとても簡単です。

たったの3ステップで大量のオゾン水を生成できます。

  1. 水道水を用意した容器にためます
  2. オゾンバスター本体を全体が水中に浸かるように置きます
  3. あとは電源を入れるだけです

蛇口を使うタイプのような設置工事や壁面に取り付けるような工事は一切不要なのが嬉しいですね。

公式ページで詳細を見てみる

オゾンバスターの欠点

優れたオゾン水生成器のオゾンバスターですが、多少の欠点もあります。

まず、アダプタ部分と手元スイッチ部分は防水加工されていない点です。

これは濡らさないように気をつけて使用してください。

また30分以上の長時間稼働は故障の原因になるため避ける必要があります。

30分あればかなり大量のオゾン水を生成できますが、何時間も稼働させっぱなしの使用を想定している方は使用方法について考え直す必要がありますね。

最後に、オゾンバスターは基本はメンテナンスフリーですが、長期間(2ヶ月〜半年程度)使用していると電極板にカルシウムの結晶が付着し、故障の原因となることがあります。

そのため酢を薄めた水にオゾンバスターを10分程度沈める簡単なお手入れが必要になります。

以上3点はオゾンバスターの欠点といえるべき点ですね。

オゾンバスターの最安値は?どこで買うのがオトク?

購入する場所はどこ?

オゾンバスターは家電量販店やディスカウントストアでの取扱いはありません。
そのためインターネット通販で購入することになります。

果たしてオトクに買うにはどの店を選べばいいのでしょうか?

Amazonでの取扱い

ネットで安くモノを買うといえばAmazonですよね。

アマゾンにもオゾンバスターは販売されていました。↓

価格は公式ページと同じ30024円(税込)でした。

ネット上でこの価格より安く販売しているところはなかったです。

ただし、当サイトでは公式ページから購入するのをオススメしています。

公式ページから買うのが最もオトクな理由

高品質なオゾンマートの商品とはいえ、安くない買い物ですからなにかあったときが心配です。その点、オゾンマートの公式ページから買うと1年間の無償修理保証がついてくるから安心です。

しかも着払いの送料まで負担してもらえます。

↓以下は公式ページの保証についての記載です。

他社競合製品よりも抜群の費用対効果とはいえ、安くない買い物です。

公式サイトから直接買った記録が残ることがなによりの保険ともいえますね。

業務用のオゾン水生成器をご検討の方は、ぜひオゾンマートの公式ページからオゾンバスターのご購入をおすすめいたします!

【オゾンバスターに関するお問い合わせ】
当サイトのご利用まことにありがとうございます。
オゾンバスターに関するお問い合わせが多く寄せられておりますが、お問い合わせは下記までお願いいたします。
お問い合わせ先
オゾンバスターの口コミ・評判と最安値を調査!
タイトルとURLをコピーしました